近年、価格低下が著しい脱毛サロン。ワキ脱毛はもはや当たり前の時代になってきていると思いますが、実は、その次に人気な脱毛部位は、VIOなのです。
ミュゼプラチナムでは、ワキ脱毛完了コースにVラインの完了コースも付随するようになりました。日本女性が、デリケートゾーンのお手入れにも目を向けるようになってきたと言うことかもしれません。

しかし、VIO脱毛は人に聞きにくい話題だと思います。どのように施術されるのか、少しお話します。
まず、前日か当日までに、VIラインは自分の好みの形にお手入れをしておきます。ガイドラインのプレートを貰えるサロンもあります。
好みと言っても、良くわからない!と言う人は、少し小さめに処理をしておいて、当日サロンのスタッフさんと相談するのも可能です。
うつ伏せになり、Oラインから。シェービングをして、ジェルを塗って、光を当て、ジェルを取って、冷却して、ローションを塗ってお肌を整える。と言うのが、一連の流れです。
仰向けになり、片足のみ膝を外側に向けてIラインをします。上記の流れの、ジェルを取るところまでします。
そして、反対側も同じところまでしたら、Vラインに移行します。これも同じく、ジェルを取るところまでします。
最後に、VIライン同時に冷却をし、ローションを塗ってお肌を整えます。
なかなか人様に見せる部位ではないので、初めはとても恥ずかしいですが、スタッフさんは日々何人ものデリケートゾーンを見ているので、慣れたものです。恥ずかしがることはありません。生理中も清潔に保てますし、下着や水着も毛を気にせず着られるようになるので、オススメです。

脱毛サロンの施術って、痛いの!?

今流行りの脱毛サロン。チラシやインターネットのサイトを見て、流れを把握しても、痛みのレベルまではなかなか分かりません。
痛いのは嫌だけど、ムダ毛は気になる!そんな方への情報です。
施術は、シェービングをしてもらい、ジェルを塗布し、光を当て、ジェルを外し、冷却をしてから、ローションを塗るという流れです。
「痛みはないとは言えないけれども、激しい痛みではない。我慢は出来る。輪ゴムで小さくパチンと弾かれるような痛み。」と言うのが、私の最初の感想です。ちなみに、ワキ脱毛。
これが、徐々に毛質が細く変わり、気量も少なくなってくると、痛みはほとんどなくなります。
輪ゴムでパチンが、どんどん小さくなっていく感じです。
しかし、場所によって痛みは全然違います。
Vラインは、もともと皮膚が薄く、毛も濃いので、痛みの種類はワキ脱毛の輪ゴムでパチンと同じ感じですが、ワキよりも痛く感じます。
IOラインは、もともとの皮膚は薄く、毛も濃い上に、他の皮膚とは違い、色素が濃いので、かなり痛いです。痛いだけではなく、熱さも感じるので、痛みに弱い方には結構辛い施術になるかもしれません。
おなかや腕脚などの、外に出ている部分は、皮膚が厚いためか、痛みはほぼありません。痛みより、人に触られるくすぐったさを我慢するほうが辛いほどです。
サロンのスタッフさんいわく、「毛の濃いところ、皮膚の薄いところは痛い」とのこと。
人によって、痛みの感じ方は違うとは思いますが、ひとつの目安として、参考になさってください。

「エステで脱毛」というと、90年代頃までは「高い」と「痛い」が二大ネックとされてきました。
そのため当時は「脱毛をする人」というのは「芸能人」であるとか「美容に高い興味を持つ人」であって、一般的ではない…と考える人も多かったようです。
確かに当時の脱毛法はニードルを使ったものが主流であり、脱毛施術はかなりの痛みを伴うものでした。
また、ニードルを扱える技術者を育成するのに時間と費用がかかるため、その分「技術料」としてエステの脱毛代金も高くなっていたのです。
ところが、2000年代に入ってくると多くのエステサロンで「フラッシュ脱毛」が取り入れられるようになります。
フラッシュ脱毛は肌に対して光を照射するタイプの脱毛法で、ニードルに比べて肌へのダメージが抑えられるのが特徴です。
そのため、「今までの脱毛法では痛みに耐えられなかった」という人の中にも脱毛をする人が増えました。

また広範囲を一気に脱毛できることから施術の時間が大幅に短縮することが可能となり、一日に多くの人を脱毛できることから、各エステサロンが脱毛料金の大幅値下げに踏み切るようになったのです。

1回の料金を1000円以下とするような安価なサロンも多数登場したことで、現在では20代女性の70%近くが脱毛を経験している等、エステサロンでの脱毛は非常に一般的なものとなっています。

家庭用の脱毛器にチャレンジした結果

「脱毛しようかなあ…」と思いつつ、ズルズルと延ばし延ばしにしてしまっていたので「もう絶対ツルツルにする!」と決めて家庭用の脱毛器を買ったのが去年のこと。
会社が終わるのが遅いので「エステに定期的に通うのは難しいなあ」と思ったのが家庭用の脱毛器具を買った理由でした。
美容院に行くのもままならないのにゆっくりエステに行くなんて無理無理!と思ってたんですよね。
ネットで色々見比べて、結局某・トリアを買ったんですが…。
脱毛をするのって、結局あれこれ準備とケアが必要になるものだとよくわかりました。
「不潔な状態で脱毛をしては肌のトラブルになってしまいかねないので、やっぱりその部分は洗ってキレイにしておきたい」と思うと、どうしても入浴後の方が良いように感じます。
また、脱毛をした後のケアはいつもより念入りにした方が良いだろうと思うと、その時間も必要になります。とすると、一日の中で脱毛ケア自体に取れる時間が、意外と短くなってしまうんです。

また家庭用の機器の限界として、どうしても1回に脱毛できる量が少ないので、脱毛するペースが非常にゆっくりになってしまいました。
こうなると飽きっぽい私には続けられず、結局しまいこんだままに…。
でも効果は感じられたので、「私には向いてなかった」というのがとても残念です。
家でじっくり脱毛したい人、家でなら脱毛の時間が取れるという人であれば、きっと上手に使いこなせるはずですよ。

毛に対しては無頓着で、あまりまめに剃る方ではなかったので、脱毛サロンに通うことにしました。毛のない期間が長いほうがいいと思い、すぐに口コミを調べて、良さそうなところに申込みました。

光脱毛で痛みはほとんどなく、脱毛自体も時間がかかりませんでした。回数を重ねて行くごとに毛がどんどん薄くなり、毛のない日々も近いと思っていました。遠くから見ただけではあまり見えない程度です。

しかし、テレビの番組で脇毛の話をしていたので、みてみると、脇は脱毛しない方が良いというものでした。なんでも脇毛があることで、自分と合う異性を引き寄せるので、脇毛がなくなると、引き寄せる効果もなくなるというものでした。心配になり、当時彼氏だった今の旦那さんに脇の脱毛についてきいてみたところ、予想外にも脇毛がないと寂しいと言われてしまいました。だから、脱毛はしないでほしいと言うではありませんか。世にも珍しい人と付き合っていました。結局旦那さんの意見とテレビの話も考慮して、脱毛サロンに通うことをやめてしまいました。完了まで同じ金額でできたので勿体なかったし、脇毛のない憧れの生活が去っていきました。未だに、また脱毛を始めたいとは思いますが、旦那さんがよしとしているので、私もよしとすることにしました。

脱毛して明らかに肌が明るくもちもちに改善された

私は自分の濃いムダ毛に子供の頃から悩まされていました。特に下半身は酷く、男性よりも更に濃いようなじょうたいだったのです。自分で毎日処理しないとすぐに毛が伸び放題になるので、私はその現実が嫌でとうとう脱毛サロンに通うことを決意しました。その時ちょうど社会人1年目で、付き合って1年経つ恋人もいました。なので肌を露出する服を着ることも多かったのです。特に脚を出すことが多かったので、少しでもムダ毛があってはいけません。私は徹底的に下半身の脱毛をすることを決意しました。

現在サロンに通い始めて2年近くが経つのですが、毛の量も今までの50%ほどに落ち着き肌質ももちもちすべすべのものに変化しました。サロンに通うようになってから脱毛ケアは勿論、肌の保湿にも気を配るようになりました。肌のプロが自己処理の適切な方法を教えてくれるので、今までカミソリ負けで赤く汚かった脚もすっかり白くつやつやしたものに改善されたのです。

脱毛サロンに通った評判はとてもよく、恋人にも凄く手触りがよくて滑らかだと何度も言われるようになりました。至近距離で見ても綺麗と言ってもらえるので、その美しさは本当のものなのでしょう。最初は初めての脱毛サロンということでドキドキしましたが、決心して行ってみて良かったです。

「脱毛しよう!」とエステサロンを色々比較する時、どんなところが「サロンを選ぶ決め手」になっていますか?

「できるだけ安いところが良い」という人もいれば「無理なく通いやすい場所にあるところ」という人もいるかもしれません。

でも意外とチェックされていないのが「予約がきちんと取れるか?」という点です。
エステサロンでの脱毛は1回では終わらず、ワキ等の小さなパーツの脱毛であっても、少ない場合で6回、多い場合には10回程度はそのエステに通う必要が出てきます。
通う頻度はその人の体毛周期にもよるため一概には言えませんが、2ヶ月~3ヶ月おきに1回というのが一般的です。

ところがエステサロンによっては、次の予約を取るのに4ヶ月、長い場合には6ヶ月先というところもあります。
1年に2度程度しか通えないようであっては、脱毛完了までに何年かかるかわかりませんよね。

値段が非常に安かったり、人気のある場所にあるサロンの場合、特に予約が殺到しやすい傾向にあるようです。
例えば同じチェーン系列のサロンであっても、電車で一駅程度場所が違うだけで、予約状況がまったく異なることもあります。
「少しでも早く脱毛を終わらせたい!」という場合には、契約前のカウンセリング等で、予約がどの程度取れるのかを確認しておいた方が安心です。

お気に入りのサロンを見つけました

脱毛サロンに通うのはお金がかかるし勧誘が怖いと思い、大型電気店で脱毛器を買いました。脱毛器の価格は3万円で高い買い物だとは思いましたが、全身綺麗になるなら安いと思い、購入しました。脱毛器が発する熱で毛を燃やしていき、眠っている毛にも作用して、毛を少しづつ薄くしていくものでした。すごく楽しみにしていたのですが、思いのほか発する熱が熱く、やけどするのではと感じました。肌が敏感だったため、自分には合わなかったのだと思います。

そこで、仕方なく、脱毛サロンを探したのですが、ミュゼプラチナムが安くて驚きました。両脇完了だけなら、買った脱毛器よりも断然に安いとおもい、早速申し込みました。

店内は清潔感があり、スタッフの方はみな笑顔が素敵でした。施術前の説明も丁寧で、心配していた勧誘もありませんでした。脱毛時、また熱かったらどうしようという不安があったのですが、スタッフさんに相談しやすい雰囲気があったので、事前に確認することが出来ました。施術は全く熱くなく、痛みもほとんどありませんでした。施術自体は続けられそうで、勧誘がないので、逆に他のコースにも申し込んでみたくなります。お金が心配な人にも、自分の希望が通るのでお勧めです。

夏になるとムダ毛処理を頻繁にやらなくてはいけない機会が増え、時間も手間もかかるのでどうにかしたいと思っていた時に、友人に「脱毛エステに行かない?」と誘われました。

話を聞いてみると、新しくオープンしたばかりの脱毛エステで無料体験をやっているというので、すでに通っていたその友人と一緒に通ってみることにしました。最初は「無料と言いつつも後から高額なエステの勧誘を受けたらどうしよう…」と不安に思っていましたが、実際はそういったこともなく、安心して通うことができました。

わたしが参加したのは、ワキの脱毛4回コースです。4回までは無料ですが、それ以降は有料というもので、もちろん4回で終了してもいいとあらかじめ説明されました。

脱毛は初めてで最初は緊張しましたが、思ったよりも痛くなく、エステティシャンの方と雑談をしているうちに終わってしまったので拍子抜けするほどでした。スタッフはみなさん優しく、こちらから相談することにも1つ1つ丁寧に教えてくださいました。

レーザー脱毛と聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、実際はチクっとする程度だったのでよかったです。私は4回で綺麗に脱毛できたのでそのまま通うことはなくなりましたが、機会があればまた行こうと思っています。

脱毛サロンに通うメリットとデメリット

女性なら誰もが気になるムダ毛。

最近は、脱毛サロンも低価格で通うことが出来るようになり、小学生から主婦まで、幅広い年齢層の方が脱毛を行っています。金額が下がったからこそ、ハードルも下がっているのだと思います。

ワキ脱毛は、もはや脱毛するのが常識!ぐらいの感じになってきていますね。

そんな脱毛サロン、メリットだけではなくデメリットももちろんあります。
まず、ムダ毛のお手入れがいらなくなることが一番のメリットでしょう。完全に脱毛が完了していない状態であっても、かなり楽にはなります。
お手入れの頻度が下がるので、皮膚への負担も減り、お肌が綺麗になっていくのも実感できます。
そして、夏の水着やノースリーブを気兼ねなく着られるようになります。おしゃれを楽しみたい女性には、とても嬉しいことだと思います。

デメリットは、通い続けないと効果が出ないこと。

出力の低い、エステサロンの機械では、一回二回で効果は出ないものです。お手入れ回数が減り、本当に効果が実感出来たと感じられるのは、最低でも2年以上経ってからで、毛量が多かったり、濃い人だと、効果を実感するのに3年以上かかる場合もあります。

そして、ワキ脱毛の場合、毛量が減れば減るほど、脇汗が流れる量が増えることもあります。毛の根元に留まっていたものが、留まる場所がなくなることで、脇汗が増えたような気がするのです。
とはいえ、ムダ毛が減るのは、女性にとってはありがたいこと。
今の時期から開始して、夏までに少しでも毛量を減らすだけでも、気分があがることは間違いないですよ。