VIO脱毛施術中にはスタッフがリラックスさせてくれる

とてもデリケートな部位ながら、人気が高いといわれているVIO脱毛、身体の構造上、自分の目で確認しながら、綺麗に、安全に処理をするのは難しい部位でもあるので、プロの施術を受けたいと考える女性は多いようです。場所が場所なので、どうしても恥ずかしさが先に立ち、お手入れを受けることを躊躇してしまう女性もいるようですが、施術中にはスタッフも、常に声掛けをしながら、ストレスのないように配慮してくれるので、気軽にトライして見てはいかがでしょうか。VIO脱毛は、見た目に美しいからというだけではなく、毎日の排尿や排便、そして毎月の生理などの時に、とても衛生的に処理ができるようになるので、できるだけケアをしておいたほうが良いといわれています。諸外国では常識的な意識を持ってケアをしている方も多く、ムダ毛の処理に関する意識は、我が国はまだまだ低い部類に入るようです。VIO脱毛の施術中は、痛みを気にしてくれるスタッフも多く、苦痛を感じていないかといった確認や、後どれくらいの時間がかかるのか、といったことを教えながら進めてくれるので、安心して受けられます。VIO脱毛は他の部位に比べると、どうしてもデリケートな皮膚になってしまうので、より痛みを強く感じてしまう方が多いといわれていますが、上手なサロン程、的確な声掛けをしながら、スピーディーに仕上げてくれるので、ストレスなくケアを受けたいならば、口コミなどでスキルの高さ、接客レベルの高さを確認しておくのも良いでしょう。

VIO脱毛の施術を受ける時の服装は?

VIO脱毛で気になるのは、施術時の服装です。パンツを見られてしまうのか、それとも下半身は裸になるのか心配ですよね。
服装ですが、エステや病院側が用意した紙のパンツを履くことが多いです。紙のパンツといっても、透け透けではなくて、紙おむつのようなしっかり生地のものです。エステで痩身マッサージなどの施術を受ける時にも着用するものです。紙パンツは一回限りの使い捨てなので、衛生面も安心できます。施術の前後には下半身にタオルをかけてくれるなど、スタッフさんの気遣いもあります。タオルがスカート状になっていて腰に巻きつけて施術を受けられるケースもあります。
ところで、紙パンツを履いたまま毛を処理できるのか疑問な人もいるのではないでしょうか。お尻の穴や女性器の淵まで毛が生えていたらどうなるのでしょう。VIO脱毛では、基本的にパンツを少しずつズラしながらレーザーや光を当てていきます。なので下半身をすっぽんぽんにされることはありません。ただ、毛の生えている場所によってはスタッフさんに中を見られてしまいます。最初は恥ずかしいものですが、スタッフさんは女性ばかりなので、恥ずかしがることはないようです。VIO脱毛の経験者によると、一回受けたら慣れてしまうという意見が多いです。
VIO脱毛の時の服装は、着替えやすさ重視ならスカートがおススメです。下着は、がんばって勝負下着や水着を用意する必要はなく、いつも通りのもので大丈夫です。

VIO脱毛をする4つのメリット

VIO脱毛のメリットは、自己処理から解放されることです。VIOは皮膚が薄いので、カミソリや毛抜きを使った自己処理で肌トラブルを起こしやすいです。傷口から細菌が入って炎症を起こせば、膣や子宮に悪い影響を与えることもあります。慎重に処理しなければならない場所ですが、生えてくる毛は濃くて太いので、処理してもすぐに元に戻ってしまいます。他の部位と比べても頻繁に処理しなければ綺麗な肌を持続できないので、肌トラブルのリスクが高いです。一度VIO脱毛をすれば、自己処理をしなくて良いので、デリケートな部分を守ることができ今まで脱毛に使っていた時間を有効活用できます。またおしゃれな水着や下着を自由に選ぶことができます。エステサロンや美容クリニックではきちんとデザインして施術を行うので、毛がはみ出ることがありません。布の面積が小さい水着や下着も安心なので、おしゃれの幅が広がります。さらに生理中にもメリットを感じることができます。それは蒸れないことです。生理中は下着の中が蒸れやすいのでかぶれることが多いです。経血が毛に付着すると蒸れや臭いにつながりますが、VIO脱毛をすることで清潔な状態を維持できます。VIOに男性と同じような毛が無造作に生えていることにコンプレックスを持っている人も多いです。VIO脱毛を受けて自信を持つことができれば、ライフスタイルも大きく変化するので、女性の人生を変えるきっかけとなります。